マンションリフォームについて

ホーム > マンションリフォームについて

マンションリフォームについて

リフォームできる範囲

マンションでリフォームできるのは専有部分のみです。

専有部分とは玄関の内側からサッシの内側までの居住部分のことで、コンクリートの壁・床・天井・柱の内側で、床下や天井裏、間仕切り壁は専有部分です。共用部分(コンクリートで作られた壁・床・天井・柱などマンションを支える構造部分や、共同で使用するエレベーターや廊下、パイプスペース)は個人でリフォームすることはできません。

ご注意!
たとえ専有部分であっても、お住まいのマンションの管理規約や使用細則で認められている範囲内でのリフォーム工事に限られます。規則を破った場合、工事停止や原状への回復が求められることもあります。
※リフォームをお考えの際は必ず確認してください。

こんな規約のマンションもあります。

カーペットの張替えしか認めない。
フローリングにしたくても、カーペットへの張替えしか認められていない場合はできません。
配管の引き回しを認めない。
壁付キッチンを対面キッチンにしたくても、配管の引き直しが認められていない場合はできません。
※マンション規約を確かめて、またはご相談ください。
管理組合への届け出
マンションによってさまざまですが、工事期間、工事の内容、リフォームを依頼する会社・現場責任者の電話番号から工事内容を記した図面や補足資料などの添付が必要な場合もあります。
マンションによってさまざまですが、理事会にかけて承認がとれるまで1ヶ月かかる場合もありますし、工事開始の前日までに出せばよいという場合もあります。事前に届出をいつまでに出せばよいのかを確認する必要があります。
マンションの構造を見る

間仕切壁は移動可能か?躯体構造によっては間取りの変更などが自由にできない場合があります。

水まわりの設備の移動は可能か?現在の配管状況や床の高さによって移動できる距離が変わります。また状況により全く移動できない場合もあります。

リフォームのご検討からアフターメンテナンスまでの流れ

お客様/リフォームのご検討・相鉄リフォームへご相談。相鉄リフォーム/現地調査・プランニング・お見積書のご案内/ここまで無料!/リフォーム工事のご契約/相鉄リフォーム/工事着手/完了検査/完成・お引き渡し/アフターメンテナンス開始

まずは相鉄のリフォームにご相談ください。ご提案からお見積りまで、無料です。
  1. リフォームのご要望をお聞かせください。
  2. 管理規約や使用細則を拝見したのち、ご要望にそった適切なリフォーム計画をご提案します。
  3. 設備機器の機能や価格・施工方法などについて詳しくご説明、ご相談の上で、お見積りを提出します。
アイテムから探す
  • キッチン

    link

  • 浴室・トイレ・洗面

    link

  • リビングダイニング・洋室・和室

    link

  • 収納

    link

  • バリアフリー

    link

PAGE TOP